日経コンピュータ 2001/10/22号

新製品ファイル
サーバー・ハード MAGNIA FT5200 東芝
ハードを2〜3重化した高可用性サーバー

 プロセサ・ボード(プロセサ,メモリー,電源を実装),PCIスロット,HDDのそれぞれを2重化または3重化した高可用性サーバー。プロセサやHDDなどに障害が発生しても,自動的にハードウエアが障害対策を実行するのでシステムの停止を防ぐことができる。プロセサは動作周波数が750MHzのPentium  Xeon。各プロセサ・ボードに最大2個搭載できる。主記憶は256M〜2GB。HDDは18G〜288GB。(131ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:436文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
東芝
update:19/09/24