日経コンピュータ 2001/10/22号

情報化の落とし穴
「外に向けた」システムの怖さを知る

 「Nimda」ワームが,猛威を振るった。警告情報が出る先から次々と企業に感染し,またたく間に組織全体へと被害を広げた。 企業へのウイルス感染はここ数カ月の間に,明らかに速く,広範囲になっている。Nimdaのように,強い感染力を持つウイルスが増えたことが第一の理由だ。(175ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1915文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
札幌スパークル
update:19/09/24