日経コンピュータ 2001/10/22号

ヘッドライン
Industry

 韓国のダウム・コミュニケーションズは10月4日,マイクロソフトの新OS「Windows XP」の販売差し止めを求めて,ソウル地方裁判所に提訴した。ダウムは「Windows XPは多数のアプリケーション・ソフトをバンドルすることで,OS以外の個別商品の使用を消費者に対して強要しており,販売自体が公正取引法違反」と主張している。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:376文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
韓国・ダウム・コミュニケーション社
和真
update:19/09/24