日経情報ストラテジー 2001/12号

特集2 システム運用費の半減に挑む おこし総論
システム運用費の半減に挑む

特に「通信ネットワーク」と「利用部門」「アウトソーシング」には、無駄なコストが隠されている可能性が高い。 「情報化投資が経営に貢献してきたのは間違いないが、総コストに占める比率も年々高まってきている。今後、これをどう削減していくかが重要な問題になる」(プロミスの小幡博常務)。(44〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3752文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 システム運用費の半減に挑む おこし総論(44〜47ページ掲載)
システム運用費の半減に挑む
特集2 システム運用費の半減に挑む ネットワークを再構築せよ(48〜49ページ掲載)
思い切って「専用線」捨て 通信費を2〜3割削減
特集2 システム運用費の半減に挑む 利用部門の無駄を一掃せよ(50〜51ページ掲載)
徹底して社内課金を適用 IT資産管理で無駄発見
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
【記事に登場する企業】
SMBCコンシューマーファイナンス
キリンビール
コクヨ
update:19/09/24