日経情報ストラテジー 2001/12号

入門・ビジネス法務戦略
電子承諾通知の 到達主義は合理的
連載●第6回

 今回は、IT立法の一環として最近制定され、年内に施行予定の、いわゆる電子契約法のうち、隔地者間契約の承諾に関して規定した第4条について考えてみたい。 電子契約といっても取引である以上、本来、民法やそのほかの取引法が適用されるべきはずだ。ところが、これらの法律はもともと電子取引を想定していないため、不都合や解釈上の疑義を避けられない。(194〜195ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3171文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 調達・購買システム > その他(調達・購買システム)*
update:19/09/24