日経情報ストラテジー 2001/12号

特集2 システム運用費の半減に挑む アウトソーシングを疑え
契約のやり方次第で 運用委託費の半減も
アウトソーシングを疑え

 アウトソーシングと言うと、一昔前はホストコンピュータの運用業務の外部委託が中心だった。ところが、最近は様々な分野に浸透。サーバーの管理や技術者の派遣など、中堅・中小企業でもアウトソーシングを活用するケースが増えている。 企業がアウトソーシングを利用する最大の理由は、業務を外部に委託したほうがコストを削減できることだったはず。(52〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2373文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
【記事に登場する企業】
アクサ生命保険
ガートナー ジャパン
ソニー生命保険
update:19/09/24