日経ソリューションビジネス 2001/10/26号

ニュース
ソフトクリエイトがEIP市場参入 売り上げ1億円目指す

中堅システム・プロバイダのソフトクリエイト(東京都渋谷区,林勝社長)は自社開発のEIP(企業内情報ポータル)構築支援ソフト「Provide」を武器に,2001年度(2002年3月期)にEIP関連で10件,約1億円のシステム商談を獲得する目標を立てた。 10月から正式発売したProvideを一種のグループウエアとして,ロータスのノーツやマイクロソフトのExchangeなどのユーザーに売り込む。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:725文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > EIPおよび構築ツール*
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > EIPおよび構築ツール*
【記事に登場する企業】
ソフトクリエイト
ロータス
update:19/09/25