日経マイクロデバイス 2001/11号

特別企画 Part2
テレビの利用形態が 家庭で変化
2005年1000万台への道筋 シャープ●30〜40型のテレビも液晶 リビングのメインを狙う 松下電器●液晶テレビはシェア20% PDPテレビは大画面の特徴を生かす ソニー●ブロードバンドを先取り PDPテレビは好スタート

 「30型(対角76cm)までは思った以上に速いスピードで来た。2005年の本格普及は間違いない」。 1998年8月に「シャープが販売するカラー・テレビを2005年までにすべて液晶テレビにする」と発表して業界を驚かせたシャープ社長の町田勝彦氏は,最近の液晶テレビの勢いをこのように表現する(図1)。(64〜68ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5306文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(有線ブロードバンド) > その他(個人向けインターネット接続インフラ−有線ブロードバンド)*
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > テレビ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > テレビ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > プラズマテレビ*
【記事に登場する企業】
シャープ
ソニー
update:19/09/26