日経マイクロデバイス 2001/11号

特集 特集後半
システムLSI工場●東芝 答えは「アジャイル・ファブ」にあり

 少量多品種のシステムLSIを効率的に生産できる新しいLSI工場のコンセプトが具体化してきた。「アジャイル・ファブ」と呼ぶコンセプトである。これを使うことによって,工場投資の損益分岐点を従来の1000億円から100億円前後に下げることが可能になる。(117〜120ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4914文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
【記事に登場する企業】
東京大学
東芝
東芝セミコンダクター&ストレージ社
update:19/09/26