日経コンピュータ 2001/11/05号

システムレポート
タイトー 損益計算システムを刷新 日次で算出し生産性向上を図る

 ゲーム・ソフト大手のタイトーは,部門や社員ごとに“時間当たりの利益”を算出するための損益計算システムを刷新し,10月に稼働させた。時間当たり利益とは,売り上げから事業に必要となる原価などの費用(人件費を除く)を差し引いた収益を,各部門や社員1人当たりの労働時間で割ったもの。通常の財務指標とは異なる。新システムは日次での損益計算が可能になった。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1119文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
タイトー
update:19/09/24