日経ESG 2001/12号

トレンド・アンド・ニュース ブッパタール研究所
ISOが来年、将来構想を提案へ 「持続可能性」など取り込む可能性も

 国際標準化機構(ISO)が来年にも、環境マネジメントの国際規格ISO14000シリーズに関する新たな構想を打ち出す。新構想では、環境マネジメントに関する標準化を担当する専門委員会「TC207」の活動領域を環境問題にとどめず「持続可能性」全般にまで拡大する可能性もあるようだ。(27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1379文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ISO(国際標準化機構)
独ブッパタール研究所
update:19/09/24