日経ESG 2001/12号

キーワード
乗用車の燃費
三菱自動車はあえて新型車の燃費を悪化させ、 ドイツ向け「プリウス」は燃費が悪い。なぜなのか。

 燃費とは燃料消費率のこと。クルマが走行するのにどれくらいの燃料を消費するかを示し、日本では燃料1oで走行できる距離で表される。この距離が長いほど燃費に優れる。具体的には、低速・高速走行を組み合わせた「10・15モード」と呼ばれる一定の走行パターンで燃料消費量を測定し、この数値が国土交通省審査値として認定される。(90ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:987文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他(車・バイク−製造)
【記事に登場する企業】
国土交通省
三菱自動車
update:19/09/24