日経ESG 2001/12号

インフォメーション
石油をめぐるエネルギー問題
基本解説から環境対策技術、環境税との関係まで

 私たちの生活を支えるエネルギーの大部分は石油などの化石燃料に依存している。しかし、燃焼時に放出される二酸化炭素(CO2)が地球温暖化の原因とされているうえ、可採年数の問題もあるため、世界的には使用量削減の方向に動いている。今月は、石油情報を環境との関連でも解説しているサイトを紹介する。(94ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1398文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
update:19/09/24