日経ESG 2001/12号

リポート 第1回「持続可能性」調査
リコー、トヨタの優位が鮮明 各社の取組姿勢も明らかに
第1回「持続可能性」調査

「企業における持続可能性への取り組み」と「拡大生産者責任に対する対応」を把握するため、郵送によるアンケート調査を行った。対象は、電気・電子製品関連と輸送機械関連の上場企業・非上場有力企業588社。5月16日に調査票を郵送、6月22日までに140社から回答を得た(回答率は23.8%)。調査は、佐野環境都市計画事務所と日経BP社が日本政策投資銀行の協力を得て行った。(120〜123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4987文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
【記事に登場する企業】
佐野環境都市計画事務所
リコー
update:19/09/24