日経ヘルスケア 2001/11号

特集1 今すぐできる!医療事故対策ABC プロローグ
高まる医療機関の危機意識 6割の病医院が新たな安全対策を実施
■ プロローグ

 「尊い人命を預かる以上、医療には間違いがあってはならない」——こうした思いを強く抱くあまり、医療機関は従来、起きてしまった事故を正視する姿勢に欠けるきらいがあった。人為的なエラーによる事故の多くは医療従事者個人の不注意として片付けられ、「今後はこのようなことを起こさないように注意する」といった、根拠がなく実効性に欠ける“対策”が幅を利かせていた。(25〜26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1744文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
update:19/09/27