日経ヘルスケア 2001/11号

特集1 今すぐできる!医療事故対策ABC PART1−2
患者取り違えはこうして防ぐ

 どんな医療行為であっても、その対象となる患者の取り違えは言語道断といえる。手術や輸血、注射や点滴といったリスクの高い行為であれば、取り違えは患者の命にもかかわる。 近年では在院日数の短縮化などによる影響で、ハイリスクの医療行為が多く行われる急性期病院ほど、「顔を覚える間もなく患者が退院していく」といった傾向が強まっている。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2503文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
update:19/09/27