日経ヘルスケア 2001/11号

シニアビジネスダイジェスト
日本フォームが介護サービスで報奨制度 毎月50時間でヘルパーに特別手当

 通信機器用のラック製造大手で訪問介護も手がける日本フォームサービス(株)(東京都江東区)は、2002年前半にもパートヘルパーを対象に報奨金制度を導入する。サービス提供実績が毎月50時間以上のヘルパーには、年1回、数万円の特別手当を支給する。訪問介護のニーズに比べてヘルパー数が不足しているため、パート1人当たりの勤務時間を増やして対応する狙いもある。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:399文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
【記事に登場する企業】
日本フォームサービス
update:19/09/27