日経コンピュータ 2001/11/19号

ニュースレポート
メール・アドレスが大量漏えい 「“個人情報”という認識がない」と専門家

レナウンと明治乳業,国内線ドットコムが10月末,顧客の電子メール・アドレスを立て続けに漏えいさせた。被害者の人数は3社合計で5000人を超えた。セキュリティの専門コンサルタントは,「メール・アドレスが“個人情報”だという認識があまりにも低い」と苦言を呈する。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1376文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
NRIセキュアテクノロジーズ
国内線ドットコム
明治
レナウン
update:19/09/24