日経コンピュータ 2001/11/19号

トレンド
激動するメーカーSE子会社
合併で事業拡大,グループ力強化の一翼を担う

NEC,日立製作所,富士通という代表的な国内メーカーのSE子会社が,ビジネス拡大に向けて大きく踏み出した。子会社同士の合併や資本参加など,思い切った施策を次々に打ち出し,事業エリアの拡大や得意分野の融合による相乗効果を生み出そうとしている。SE不足が深刻な親会社の大型開発案件に柔軟に要員を供給するなど,グループ力強化の一翼を担う。(36〜38ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3829文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
NECシステムテクノロジー
NECソフト
FJB ウェブテクノロジー
日立システムアンドサービス
日立情報システムズ
富士通システムソリューションズ
update:19/09/24