日経コンピュータ 2001/11/19号

インタービュー
セキュリティ対策は最優先課題 メーカーの責任をきちんと果たす
マイクロソフト社長 阿多  親市氏

今年半ば以降,マイクロソフト製品を狙ったセキュリティ攻撃が頻発している。Webサーバー・ソフト「IIS」やWebブラウザ・ソフト「Internet Explorer」のセキュリティ・ホールを突くウイルス/ワームによって,全世界で多くのユーザーが被害にあった。米国の調査会社ガートナーグループは,IISから他製品への乗り換えを促すレポートを出したほどだ。(68〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3776文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > インターネット関連ソフト*
情報システム > サーバーアプリケーション > Web配信・配信補助サーバー
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
【記事に登場する企業】
日本マイクロソフト
update:19/09/24