日経コンピュータ 2001/11/19号

失敗に学ぶ情報化のポイント
慣れ親しんだ業者への再発注が裏目に

情報システムの構築やその運用を外部企業に依頼するのには大きなリスクがつきものだ。作業に着手してしまえば,途中での交代は難しい。それだけにパートナを選定するのには,しっかりした手順と覚悟が欠かせない。普段から付き合いがあったり,円満な関係にある取引先企業であればあるほど,冷静な評価と判断が何物にも優先する。(168〜169ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3414文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
update:19/09/24