日経ホームビルダー 2001/12号

住宅事件簿
近隣他社倒産で15戸の現場中断 引き継ぎ時に契約問題が発生
継続工事の契約を巡るトラブル

経営環境の悪化によって、住宅会社の倒産が増えている。そこで問題になるのが、倒産段階でまだ未完成状態の仕掛かり現場だ。近隣の住宅会社がユーザーに救いの手を差し伸べるには、知っておくべき課題がある。 会社が倒産した。助けてくれないか—。 2000年8月、長野県のB社にそんな電話が入った。 電話をしてきたのは、倒産したA社の営業担当者。受け手はB社社長本人だ。(67〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2399文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
update:19/09/27