日経マイクロデバイス 2001/12号

産業ウオッチャ
国内LSI大手4社 DRAM価格の是正へ 「あらゆる可能性を検討」

 東芝,NEC,日立製作所,三菱電機の国内大手LSIメーカー4社が,DRAM価格の是正を目指した対策を検討している。メーカーによって意気込みに強弱はあるが,ダンピング提訴などを含めた対策を検討している。この問題に対し,最も強硬な姿勢を見せているのがNECである。(31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:460文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > メモリー
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
【記事に登場する企業】
NEC
東芝
日立製作所
三菱電機
update:19/09/26