日経ヘルスケア 2001/12号

News
特定療養費制度拡充へ 差額ベッド設置要件等を緩和

 厚生労働省は11月21日、2002年度からの実施をめどに特定療養費制度を大幅に拡充する案を中央社会保険医療協議会に提出した。医療技術の急速な進歩や、患者ニーズの多様化に迅速に対応するのが目的。 現在、差額ベッドは、届け出により病院の総ベッド数の5割まで設けられる。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1009文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
【記事に登場する企業】
厚生労働省
中央社会保険医療協議会
update:20/09/01