日経ヘルスケア 2001/12号

特集2 徹底分析・介護大手3社の実力 ジャパンケアサービス
ジャパンケアサービス 拠点統合の失敗でヘルパー流出 社長先頭に黒字化に向けて再起図る

 介護保険制度スタート当初は、大手3社の中で最も堅実で安定してみえたジャパンケアサービスが苦境に立たされている。拠点統合の失敗、相次ぐヘルパーの退社、利用者数減少、2期連続の経常赤字……。現在、社長の対馬徳昭氏自らが営業の陣頭指揮をとり、体制の立て直しを図っているが、その道のりは決して平たんではない。(49〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5448文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
ジャパンケアサービス
update:20/09/01