日経ヘルスケア 2001/12号

病医院
事例検証 民事再生法による経営再建
破たん前処理、裁判所の財産保全で再生の道広がる

 従来の和議法に代わる法律として民事再生法が施行されてから1年半余りがたった。和議法に比べると、自主再建を目指す債務者にとっての“使い勝手”が様々な面で改善されており、医療機関の中にも同法による経営の立て直しを図るケースが出始めた。民事再生法の下での再建に踏み切った二つの医療法人のケースを紹介する。(69〜72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5576文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
マイカル
update:20/09/01