日経コンピュータ 2001/12/17号

ITプロのための最新技術講座 モバイルJavaの基礎 最終回
ユビキタス時代に向けた課題
モバイルJavaの基礎

Javaはユビキタス・コンピューティング時代の標準ソフトウエア環境の最有力候補である。ネットワーク処理やセキュリティをあらかじめ考慮してあることに加えて,組み込み機器における処理性能や移植性がすでに実証されているからだ。ただし必要なメモリー容量が多いといった課題もいくつか残っている。(158〜160ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4549文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
【記事に登場する企業】
米サン・マイクロシステムズ社
米ヒューレット・パッカード社
米マイクロソフト社
update:19/09/24