日経SYSTEMS 2002/01号

オープンセミナー APサーバー導入時のチェック・ポイント 第5回●運用管理
問題点を排除しなければ 無停止やセキュリティ確保は難しい
APサーバー導入時のチェック・ポイント  第5回 運用管理

電通国際情報サービス 産業ソリューション事業部 e−プラットフォーム技術部 プラットフォーム技術グループ 主任APサーバーはシステムの中核を担うソフトであるため,安定稼働やセキュリティの確保において運用管理を適切に実施しなければならない。管理ツールの機能や操作性,セキュリティの問題点,ログの管理方法,障害に対する対処法など,チェックすべき点は多い。(170〜177ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10695文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム管理ソフト*
情報システム > サーバーアプリケーション > アプリケーションサーバー*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
【記事に登場する企業】
電通国際情報サービス
update:19/09/24