日経SYSTEMS 2002/01号

特集 Part1●事例編 データを“生かす”システム構築術
データに裏付けられた戦略を策定 人間の知恵との融合で競争に勝つ
Part1◎事例編

語り継がれてきた“神話”をデータ分析で崩した山梨中央銀行,営業的には失敗した過去のコンタクト履歴から新たな戦略を生み出すダイヤモンドリース,CRMシステムを導入して顧客満足度向上と売り上げ拡大の両方を実現するスルガ銀行——。価値の創出に挑んだユーザー企業は,情報システムの新たな活用領域を見出している。  価値を生み出すシステムとはどのようなシステムなのか。(80〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4661文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > 営業支援システム > CRM・SFA(顧客支援システム)*
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
アマダ
サッポロビール
新生銀行
スルガ銀行
ダイヤモンドリース
東北電力
山梨中央銀行
update:19/09/24