日経SYSTEMS 2002/01号

特集 Part2●技術編 データを“生かす”システム構築術
DWHの特性を生かした設計で 大規模DBの応答時間を確保
Part2◎技術編 

数千万件のデータベースに対する応答性能を一定水準に維持する——ハードウエアが進化しているとはいえ,かなりの難問だ。この難題を乗り越えるには,データ・ウエアハウスやデータ・マートの特性を生かすことが欠かせない。また,多次元分析専用のデータベースを使う方法もある。残念ながら王道は無い。また,落とし穴も多いので注意したい。(86〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12337文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > テキストマイニング・データウエアハウス・ビッグデータ
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
米IBM社
アビームコンサルティング
米NCR社
コクヨ
米コンパック・コンピューター社
サッポロビール
GSIクレオス
ダイヤモンドリース
東北電力
仏ビジネス・オブジェクツ社
米ブリオ・ソフトウェア社
米プリサイス・ソフトウェア・ソリューションズ社
ムーンスター
山梨中央銀行
update:19/09/24