日経SYSTEMS 2002/01号

特集 Part3●運用編 データを“生かす”システム構築術
3段階で利用者を引き付ける 現場との共同作業がポイント
Part3◎運用編 

営業や販売の現場で使うシステムは,利用者に歓迎されないことが多い。利用するのが面倒で,メリットは少ないと思われるケースが多いからだ。システムを使ってもらわなければ価値を生み出すことなどできない。逆に,利用者からのフィードバックを取り入れ,システムの効果を高めるのに成功した例がある。いずれにしても,利用率を上げる工夫は欠かせない。(96〜101ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7520文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 営業支援システム > CRM・SFA(顧客支援システム)*
【記事に登場する企業】
アマダ
INAX
コクヨ
サンウエーブ工業
GSIクレオス
スルガ銀行
ダイヤモンドリース
東北電力
日立システムズ
update:19/09/24