日経コンピュータ 2001/12/03号

スペシャル・リポート
国際証券が9カ月で基幹系を刷新
正攻法を貫きながらも,短期開発を乗り切る

 「営業店,電話,インターネットの3チャネルを完全統合」,「24時間365日稼働を実現」,「中核部分のサーバーにはUNIX機を全面採用」。今年10月,証券準大手の国際証券は,最先端の基幹系システムを稼働させた。準大手クラス以上の証券会社で,三つの販売チャネル間のリアルタイム連携を実現したのは同社が初めて。UNIX機で24時間365日稼働を成し遂げた点も注目に値する。(66〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9013文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
【記事に登場する企業】
国際ビジネス&システムサービス
野村総合研究所
日立製作所
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
update:19/09/24