日経SYSTEMS 2002/02号

特集 フレームワークで生産性を上げる
フレームワークで生産性を上げる
Webアプリの“煩雑さ”は隠せる, 環境が整いノウハウも見えてきた

総論●107Part1●アーキテクチャと機能110画面遷移やDBアクセスを隠ぺいし,業務ロジックの開発に集中するPart2●基盤整備と使いこなしのノウハウ121購入,無償ソフト採用が増加社内蓄積も活用して整備する開発現場を悩ます短期開発の要求,熟練技術者の不足——その解決のため,業務ロジック以外の煩雑な処理を覆い隠す,または自動生成する仕組み「フレームワーク」…(106〜107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:437文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
update:19/09/24