日経SYSTEMS 2002/02号

特集 Part1●アーキテクチャと機能 フレームワークで生産性を上げる
画面遷移やDBアクセスを隠ぺいし, 業務ロジックの開発に集中する
Part1◎アーキテクチャと機能

画面遷移や認証管理,入力データ・チェック,DBアクセス,HTMLの生成,多端末対応などの煩雑な処理を一括してフレームワークに委ねることで,業務ロジックの開発に集中できる。定型的な処理全体をデータ定義から自動生成できるフレームワークもある。 なぜフレームワークによって生産性を向上できるのか。(110〜120ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12856文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
【記事に登場する企業】
住友電気工業
ULSグループ
update:19/09/24