日経SYSTEMS 2002/02号

活用&選択 WWWシステムの帳票印刷 主流のPDFも一長一短,XML/XSLへ
WWWシステムの帳票印刷
主流のPDFも一長一短, XML/XSLへの期待が高い

帳票印刷に利用できる主な技術や製品には,HTML,MS Excel/Access,PDF,帳票作成ツールの独自ビューワ/プラグイン/ActiveXコントロール,XML/XSL——がある。活用のポイント:帳票の表現力やページ制御方法,開発生産性,クライアント環境の普及度や運用負荷,セキュリティ,コスト,などが異なる。現状では,PDFが平均的に良く,適するケースが多い。(134〜144ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:13808文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
【記事に登場する企業】
一件楽着インターネットサービス
住友林業
東京カンテイ
トップツアー
ニユートーキヨー
日立システムアンドサービス
update:19/09/24