日経SYSTEMS 2002/02号

オープンセミナー 事件で学ぶセキュリティの急所 第2回●クライアントのセキュリティ・ホー
クライアントへの攻撃は増えていく サーバー同様,基本対策が不可欠に
事件で学ぶセキュリティの急所  第2回 クライアントのセキュリティ・ホール

昨年の8月以降,クライアントに深刻な被害を与える事件が相次いで発生している。改ざんされたWWWサーバーにアクセスしたWindowsパソコンが正常に動作しなくなった事件や,強力な増殖機能によって短期間で膨大な数のクライアントが感染したNimdaやBadtransなどだ。サーバーに比べてセキュリティ対策が施されていないクライアントを狙う攻撃は,今後さらに増えていくと思われる。(178〜185ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10806文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム運用手法*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
update:19/09/24