日経SYSTEMS 2002/02号

ソリューションの軌跡 紋別信用金庫の「地図顧客情報管理システム
スコープ絞り込みで短期開発,コスト削減 地図と住所の不整合を手作業で修正
紋別信用金庫の「地図顧客情報管理システム」

紋別信用金庫は,定期預金の獲得など渉外担当者の活動を支援する目的で,顧客情報を自由検索し,その結果を地図上に表示するシステムを構築した。業務の問題点改善だけにスコープを絞り込むことで,2000万円,3.5カ月と,低コスト,短期開発を実現した。GIS特有の,住所データと地図が一致しない問題は,手作業でクリアした。(150〜153ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4848文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > 営業支援システム > その他(営業支援システム)*
情報システム > 特定業務システム > その他(特定業務システム)
【記事に登場する企業】
紋別信用金庫
update:19/09/24