日経SYSTEMS 2002/02号

オープンレポート ユーザー事例
HTMLファイルを転送し,ネット経由でホストと連携
ユーザー事例●東京海上火災保険の代理店オンライン・システム

東京海上火災保険では,「クラレット」と呼ぶ,HTTP通信とHTMLファイルを使った連携機能を開発し,各種アプリケーションで活用している。約2万5000台の端末がインターネット経由で,サーバーやホストと連携。ユーザー認証やバージョン・チェックにも利用するなど,適用範囲は広い。(102〜103ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2241文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
東京海上火災保険
update:19/09/24