日経SYSTEMS 2002/03号

オープンレポート レビュー
レビュー●Opera 6.01日本語版
セキュリティや操作性に優れる,過度の期待は禁物だが選択肢の一つになる

「Opera」日本語版が“第三”のWWWブラウザとして注目を集めている。セキュリティ上の問題が少なく操作性もよい。ただし,IE向けに構築した社内システムでの使用は難しく,日本語情報も少ない。過度に期待することなく,新たな選択肢の一つと考えたい。 国内のWWWブラウザ市場に新たな選択肢が登場した。(104〜107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5599文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ノルウェー・オペラ・ソフトウエア社
トランスウエア
update:19/09/24