日経SYSTEMS 2002/03号

特集 Part1●OSのバージョン・アップ クライアント管理の3大課題を克服する
必要性を見極めてから移行する, 移行負荷は工夫次第で減らせる
Part1◎OSのバージョン・アップ

OSの新バージョンが相次ぎ登場する一方で,旧バージョンのサポート切れが迫ってくる。ただ,サポートを恐れてやみくもにバージョン・アップしても無駄に終わるだけ。マシン入れ替えのタイミングなどで必要性を見極めて移行する必要がある。実際に移行する場合,作業はかなり大変だ。アプリケーションの移行方法やマシンの展開方法を工夫したい。(122〜129ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11759文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > MacOS
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > その他(クライアント向けOS)
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
【記事に登場する企業】
住友商事
日本マイクロソフト
update:19/09/24