日経SYSTEMS 2002/03号

特集 Part2●セキュリティ対策 クライアント管理の3大課題を克服する
対策の完全自動化は難しい, 監視,警告する体制を整える
Part2◎セキュリティ対策

クライアントを狙った高度な攻撃が増え,ウイルスだけでなくWWWブラウザのセキュリティ対策が不可欠になってきた。しかし,パッチの適用や安全な設定など対策のすべてを自動化するのは難しい。自動化できないものに関しては,ユーザーに対策を指示し,対策状況を監視,実施していない場合は警告する,という体制を構築する必要がある。(130〜137ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11084文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
【記事に登場する企業】
大林組
野村総合研究所
update:19/09/24