日経SYSTEMS 2002/03号

特集 Part3●ライセンス管理 クライアント管理の3大課題を克服する
知識があればコスト削減も可能, 実態を管理する体制が不可欠
Part3◎ライセンス管理

ベンダーに不正コピーで訴えられた場合は社会的信用の低下につながる——自社は大丈夫と思っていても,気付かないうちに不正コピー状態になっていた,ということもある。抜き打ち監査を受ける前に,今一度,状況を確認しておきたい。知識を深めれば,無駄なライセンス購入も防げる。先行ユーザーの事例を参考に,自社に合った,使用数の実態を管理する体制を敷こう。(138〜145ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8848文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止*
【記事に登場する企業】
大塚商会
JALインフォテック
日本マイクロソフト
米ビジネス・ソフトウェア・アライアンス(BSA)
富士電機
リコー
update:19/09/24