日経SYSTEMS 2002/03号

活用&選択 広域LAN サービス内容は大差ない,最適な選択でコス
広域LAN
サービス内容は大差ない 最適な選択でコストを抑える

イーサネットの技術を使い,遠隔地にある拠点間でLANと同じように通信できるWANサービス。レイヤー3以上の通信制限がなく,既存の環境から移行しやすい。10Mbps,100Mbpsといった高速回線を比較的低コストで利用できる。メリットと注意点:高価なWANインタフェースを必要としないため機器の費用を抑えられる,任意のプロトコルを利用できる——などがメリット。(154〜163ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10715文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > その他(WANサービス)*
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > 広域Ethernetサービス*
【記事に登場する企業】
日清紡ホールディングス
ライオン
ローソン
update:19/09/24