日経SYSTEMS 2002/03号

オープンセミナー 事件で学ぶセキュリティの急所 最終回●被害にあったらどうするか
普段からの準備と訓練で ミスなどによる2次災害を防ぐ
事件で学ぶセキュリティの急所  最終回 被害にあったらどうするか

不正侵入されるなどのセキュリティ上の事件に遭遇した場合,慌てて不用意な対応をしてしまうと,操作ミスによってシステムやデータを破壊するといった2次災害を引き起こしたり,対応が不十分で再び侵入されてしまったりする。被害を最小限にとどめ,迅速に復旧するには,事前に事態を想定した計画を作成して訓練を実施する,バックアップを確実に取っておく,などの普段からの備えを怠ら…(186〜191ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7776文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
インターナショナル・ネットワーク・セキュリティ
update:19/09/24