日経SYSTEMS 2002/03号

オープンセミナー APサーバー導入時のチェック・ポイント 最終回●システムの見直し
アプリケーションのタイプを見極め, 効果が高い対処を施す
APサーバー導入時のチェック・ポイント  最終回 システムの見直し

電通国際情報サービス 産業ソリューション事業部 e−プラットフォーム技術部 プラットフォーム技術グループ 主任WWWシステムは本番稼働し始めてから,開発時には想定しなかった障害が発生するケースが多い。アクセス増が引き金となり,アプリケーションの問題が表面化してパフォーマンス劣化を引き起こす,といった状況が典型例だ。(192〜199ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10159文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム運用手法*
情報システム > サーバーアプリケーション > アプリケーションサーバー*
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
【記事に登場する企業】
電通国際情報サービス
update:19/09/24