日経ビジネス 2002/04/15号

特集 賢い投資、危ない投資 第3章
誰のための税制・法律?

 「新しい税制の仕組みを教えてほしい」。東京シティ法律税務事務所(東京・新宿区)の山端康幸・代表税理士は昨年秋以降、株式を保有する個人のクライアントから何度となく新しい証券税制の解説を求められた。説明を聞いた顧客たちは例外なく同じ言葉を口にした。「随分、面倒になりますね」。(34〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3056文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
財務省
東京大学
update:19/09/24