日経ビジネス 2002/04/15号

時流超流・トレンド ドコモ特損8000億円の本当の重み
 ピーター・ボンフィールド  ブリティッシュ・テレコム前社長  に聞く 投資の失敗は各社「同罪」

 英ブリティッシュ・テレコム(BT)は1998年に米AT&Tとの間で合弁会社を設立して以降、日本テレコムなど海外企業への出資、次世代携帯電話の事業免許落札と、拡大戦略を矢継ぎ早に打ち出した。だが、そのツケは大きく、同社の負債はピーク時には約300億ポンド(約5兆1000億円、当時)まで膨れ上がった。(146ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2009文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
英ブリティッシュ・テレコム(BT)社
update:19/09/24