日経ビジネス 2002/04/15号

一刀論断 コラム
中国でも攻めの法務を 欧米並み訴訟に備えよ 射手矢  好雄[弁護士]

 日本の経営者やビジネスマンには、中国は法治ではなく人治の国、という強い固定観念があるようだ。「中国に法律はあるんですか?」という初歩的な質問を、いまだに受けることがある。それは論外としても、中国には法律が少なく、条文は猫の目のように変わり、解釈や運用もいいかげんだと信じて疑わない向きが驚くほど多い。(174ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1723文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24