日経SYSTEMS 2002/04号

オープンレポート 解説
解説●ユーティリティ課金の賢い使い方
使う分だけ購入し過剰投資を防ぐ,会計上の取り扱いなどに注意を

「使った時に使った分だけお金を払う」ユーティリティ課金方式を採用する製品が増えている。先行投資を安く抑えつつ,急なシステム拡張にも対応できることから,処理量の予測が難しいWWWシステムなどに適した方法と言える。しかし下手に使うと,かえって高くつく恐れもある。上手に活用するには,その特性を知ることが大切だ。 ユーティリティ課金による製品提供が広がっている。(80〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5421文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
NTTぷらら
AVCネットワークス
建築計画工房
ダイキン工業
日本ヒューレット・パッカード
日本ユニシス
日本IBM
パナソニック
ぴあ
update:19/09/24