日経NETWORK 2002/05号

スキルアップ これは使える!なるほどテクニック 第2回 メール・ヘッダー解析
送信元を調べて 偽メールの正体を見破る
メール・ヘッダー解析

メール・ヘッダーを調べれば,受信メールが届くまでに経由したサーバーなどがわかる。Fromフィールドは送信者が改ざんできるが,Receivedフィールドは改ざんできないので,この二つが食い違っていたら偽メールの可能性が高い。 他人のメール・アドレスや実在しないアドレスを勝手に名乗って電子メールを送りつけるという事件は,今でもよく起こっている。(96〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4523文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > インターネット関連ソフト*
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > 迷惑メール*
update:19/09/26